ガウッと参上!!

いつもはらぺこ。GowrockのBlogです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

リアル脱出ゲーム×バイオハザード 廃病院からの脱出に挑戦!

リアル脱出ゲーム×バイオハザード
廃病院からの脱出に挑戦してきました。

※感想のみの記事です。
謎のネタバレに関しては一切述べられません。
ご了承ください。


毎度の事ながら、リアル脱出ゲームって何だ?
…という方には以下の動画をご覧ください。公式動画でございます。



2012.10.4に発売されるバイオハザード6も待ち遠しいですね。
リアル脱出ゲームとバイオハザードとのコラボレーションでございます。

所謂夏休み期間である、2012.7.19~9.23の間、
旧玉井病院(初台玉井病院スタジオ)にて開催されました。
因みに、実際に数年前まで使用されていた病院です。

私とバイオハザードシリーズについてですが、友人からソフトを借りて、
タイトル画面の「ヴァイオハザ~ド」という声ですぐさまリセットボタンを押し、
そのまま先も進めずに友人に返した程のホラー体性なのですが(マジ)、
リアル脱出ゲームのためなら頑張れる…? との思いで参戦しました。
以下、簡単に纏めた内容となります。

●内容
今回の脱出には6人チーム構成。(中には5人チームもいらっしゃったのかな?)
「月面基地からの脱出」に比べると、
今回は割と大学生らしき年代の方の参加が多いように思えました。

はじめに、筆記用具・メモ用紙・解答用紙が渡され、
更に黄色のリストバンドを付けられます。
このとき、6人チームだと其々の色で2人ずつに分けられます。

狭い面会室へ通され、そこでオープニング。
毎回公演毎に作られたムービーがいつも楽しみです。
ムービーによると、受付で付けられたリストバンドがウイルスの感染源とのこと。
正しい方法でリストバンドを外し
何処かにあるワクチン生成装置にリストバンドを入れてウイルスの感染を防ぎ、
無事に脱出することが今回の目的だそうです。

今回の謎に関して。
まずリストバンドの色毎に謎が与えられています。
全体的に、いつもより謎の数は少なかったのですが、
その分、一問一問閃きが肝心なものだったりしました。
散りばめられたヒントを集めに院内を散策するのですが、
軽くホラーハウスじみた雰囲気で、参加当日外は快晴にも拘らず
陰湿で仄暗い中を探索しなければなりませんでした。

今回一緒になったチームは、バイオファンで
且つリアル脱出ゲームファンという3人組と、
脱出ゲーム初参加というカップルでした。
初めぞろぞろと皆さん一緒に行動してしまったので、
コレがなかなか効率が悪く、あっと言う間に残り時間が少なくなってしまいました。
しかし、各々の色の謎が解けた後、皆さんで一緒に考えるときの
謎解きのテンポの良さは気持ちが良かったです!
残り10分で脱出一歩手前まで来ました。

……………。

ここからいつも難しい訳なんですよね、リアル脱出ゲームって。
あえなくタイムオーバー。
今回で6回目のリアル脱出ゲームでしたが、全戦全敗記録更新。うわ~い嬉しくねぇw

感想ですが、今回は正直ちゃんと見て周れていないところがあって、
回答を聞いて初めて「え?そんなものあった?」と気付くとこが多かったです。
これでは脱出は無理ですね、うわぁ~。

探索中、チームの方から「すみません…この先暗くて怖くて進めないんです。
…先見てきてもらえませんか?」と言われまして、
「はい、良いですよ。大丈夫ですよ、怖くないですよー。」と笑顔で受けたのですが、
内心『おいおい無理だって誰かいるってマジで
本当に「出る」んじゃねぇか?おいおいおい』と
へっぴり腰だったのは良い思い出です、本当に有難う御座いました。

まだまだ「おひとりさま」なのですが、そろそろ此方もチームで参戦したいですね。
これ言うの何回目だろうね。いや、本当に楽しいんだってばよ。
とんちが得意、閃きなら任せとけ!…という方、是非是非。

長文で伝わりにくかったと思いますが、
是非皆さんもお近くでリアル脱出ゲームが開催されましたら
参加してみてくださいね!
御拝読有難う御座いました。
関連記事
スポンサーサイト

| ◆日記 | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://gowrock.blog.fc2.com/tb.php/202-f73e19f3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>